2016.09.29 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.02.27 Wednesday

2代目ショップブログにつきまして

大変お待たせ致しております。又ご迷惑をお掛け致しております。

さて【2代目ショップブログ】ですが、アドレスが決まりましたのでご連絡致します。


【2代目手創り屋ショップブログ】へ

☆新しいショップブログをどうぞ宜しくお願い致します。!!
2013.02.12 Tuesday

ショップブログ移転の予告…

大変ごぶさたしております、ショップ担当のFです。
あまりにもブログの更新が滞っておりまして、このままでは

中の人がいなくなってしまったのでは!?と心配をかけてしまう!

というボスの命によりお久しぶりの更新をさせていただいております。m(_ _)m


さて、先日、当ショップのホームページを少しだけリニューアルさせていただいて、以前よりも「お問い合わせ」「送料」などの項目が発見しやすくなったんではないかな、と自画自賛しております。笑

また、今回リニューアルで更新した際に、ショップの商品検索画面から、商品の売りきれ状況が分かりやすくなりました。

今後も少しずつですが、見やすく、使いやすいショップを目指してレイアウトなどをちょこちょこ変えていきたいとおもいますので、ぜひチェックしてみて下さい。


そして本題ですが、2代目ショップブログを開設したいな、と考えております。
このブログよりもカラフルで見やすいブログになるのではと思いますので、どうぞ楽しみにお待ちいただければと思います。
そのまえに更新率をなんとかしないといけないのかもしれませんが…( ̄Д ̄;;
2012.09.21 Friday

【SD330】のコネクタが・・

【SD330】のコネクタが・・

☆最近【SD330オートコントローラ】をカスタムで製作して納めましたお客様から【SD330】のコントロールケーブルのコネクタが、昔のタイプと変更になっている旨御連絡を頂きました。

そのお客様の御好意によって、コントロール部分が入手出来ましたので、ご紹介致します。




私が入手した時は、初期の頃でかなりUP/DOWNスイッチに問題が有りましたが、最近ではスイッチもしっかりした物に変更になっているようです。




変更になっているのはこの部分のコネククタのようです。早々にメーカーにコネクタの型番等問合せたのですが、汎用ではないということで教えて頂けませんでした。

◎見た目【PC2005F】(メス)ニチフ、【PC2005M】(オス)ニチフ
ではないかと思い、比べてみると、まるで同じでした。
念のため、挿してみましたが、まったく問題有りませんでした。




今後は【SD330オートコントローラ】に、このコネクタを2個セット添付して、最悪オスメス両方を交換して使って頂ければと考えています。

■この場をお借りいたしまして、このコントローラをお譲り頂きましたユーザー様の御好意に心より感謝いたします。有難うございました。
2012.09.05 Wednesday

TM-942 1200MHzユニット 不調 ! 続き

TM-942 1200MHzユニット 不調 ! 続き



☆前回の続きで、【A】の部分が異常に熱くなる件ですが、他の同じ無線機も触れなくなるほど熱くなっていることが判りました。

本来ならコントローラ部分の電解コンデンサーをすべて交換してから、熱対策をすべきなのですが、時間の都合で、放熱関連の対策を先にしてみることにしました。

【放熱対策】

1)随分古い無線機なので、放熱が必要な半導体と放熱用アルミ金具等の間に挟んであるシートやグリスが、もうだめではないかと考えました。分解してみると、まったく有りません。放熱する半導体と放熱用金具の密着度を高めるための措置がされていません。
(設計時にはそんなに熱が出る予定ではなかったのでしょうか)

2)とりあえず、各部分に【シリコーングリス】を塗布しました。

■熱を発するICたちへグリスをベタベタと


■反対側へもベタベタと・・


■ついでに各ユニットファイナル部分も・・


3)べたべたと塗布して仮組立をしてエージングをしました。
だめです。30分後に触ったら、ちんちんでした。

4)むぅ〜〜。とりあえず、ショップで販売しているヒートシンク(F-6)2個を穴加工して取り付け、さらにパソコンから取ったSPU用のヒートシンクを取り付けやっと触れる温度になりました。

■上蓋は当然閉まりません。^^v


■なんとも不恰好ですが・・


5)24h_365日電源が入っている無線機なので、この位しないとダメでしょうか。
早めに電解コンデンサ全取替え実施してみます〜〜
   
              それでは又  ノノ
2012.08.29 Wednesday

TM-942 1200MHzユニット 不調 !

TM-942 1200MHzユニット 不調 !

最近、OMさんから1.2Gの調子が悪いみたいと言われ確認してみました。

☆長年愛用している【TM-942】ですが、騙し騙し使っていたのですが、いよいよ壊れたようです。

【TM-942の現状把握】
1)受信に関しては、簡易的にテストして,144MHz、430MHz、1200MHz共に問題ないようです。

2)送信に関しても144MHz、430MHz、1200MHz 各バンド共に問題ないように思われました。

3)が・・・
 時間が経つと、どうも1200MHzの送信が具合が悪くなるようです。
 どのようにおかしいかと言うと、受信機で確認すると、周波数がずれているような、声が割れているような状態です。
 スペアナで見ると希望周波数の場所に山形に出るのではなく、帯域が広がり、ガサガサしている状態となります。

4)しかし、電源を一端切り、再度入れ直すとしばらくは問題なく動作しています。

【不具合ユニットの切り分け作業】

1)この様な場合、どのユニットの問題なのか見極めないといけません。そこで、144MHZユニット(一番上に組込まれている)をはずし、1200MHzユニットを一番上に組込み直して様子をみます。
2)この作業によって、大きくコントロールユニット部分か、1200MHzユニットの不具合かを見極めます。
3)結果、状況は変らず、1200MHzユニットの問題のようです。

【1200MHzユニット修理に挑戦】

1)まず、長年使い込んだ無線機なので、経年電気製品不良原因のトップである【電解コンデンサー】を全部交換することに致します。

▼液モレしている様子はないが・・・

☆ところどころ私のように太っているコンデンサーが有る・・

2)電解コンデンサーを使用している基板パターンは、片方がGNDパターンの場合が多いので、(こて先の熱が逃げて、ランドの半田が溶けず)なかなか抜けません。又、いつまでもグニグニやっていると、パターンが損傷して2次障害となります。2次障害を回避する方法は色々有りますが、ここが技術者のうでの見せ所でしょう。

▼電解コンデンサーをすべて取り去る

液モレやパターンに損傷がないか確認

3)部品を取り去った痕は、IPAなどで基板パターンを良く清掃しておきます。 

4)回路図と部品表、取り外したコンデンサーの値を確認して部品を発注します。今回は部品表と現物が違う部分が一箇所ありました。

▼極性や値に注意して取り付けていきます


5)再度極性を確認して電源ON〜〜。
6)不具合が再現されるかエージングをしながら確認します。
 おっ 治っているようです。やはり【電解コンデンサー】かぁ

【TM-942】の今後
1)1200MHzユニットは治ったようですが、この機種はコントロールユニットに大量の電解コンデンサーが使われいます。
(次回はそれを全て交換したいと思います)
2)エージング中に写真の【A】のシールが貼ってある箇所が5分もしないうちに手で触れないほど熱くなります。



3)いずれにしても、貧乏人の私にとって大事な無線機ですので、コツコツと修理しながら使っていきたいと思います。

         それでは又〜
2012.08.24 Friday

手創りインテリアフラワー(竹カゴ)のご紹介

張り切って更新していますショップ担当のFです。こんにちは。
東京の方では熱帯夜が続いているとニュースで見ましたが、
こちら浜松の夜は扇風機が肌寒く感じるくらいの気温になってきました。
日中は相変わらず暑いですが…(;´-`)


さて、今回ご紹介する商品は、小さな竹カゴに入ったインテリアフラワーです!▼


商品ページはこちら→手創りインテリアフラワー(竹カゴ)  作者:y.k

洋風のお花と和風の実が活けられていて、ちょっと変わり種なインテリアフラワーです。
玄関まわりや洋室だけでなく、和室に飾ってもぴったりなデザインになっています。

プリザーブドフラワーを使った作品ですので、
生花と違って水を与える必要はありません。
枯れることもないので、長期間お楽しみいただける作品です。
◎関連記事→プリザーブドフラワーってなんだ?

サイズは横幅25cm×高さ22cm×奥行き13cmで、
あまり場所をとらないけれど存在感のある大きさです。
木の実が鮮やかで目を惹きますね。

ななめ後ろから▼


ななめ後ろから▼


上から▼



クリアシートでラッピングしています。
水やり不要なのでそのまま飾ってお楽しみいただけます。▼



花材は吸水スポンジに活けられていますので、
任意にアレンジすることができます。

*注意事項*
プリザーブドフラワーは繊細なものなので、取り扱いに注意して下さい。
落としたり、乱暴に取り扱うと破損してしまいます。
また、この作品に水を与えてはいけませんので注意して下さい。
直射日光をさけて飾っていただくと、より長持ちします。

*手創り作品ですので、1点のみの販売になります。
*この商品はアマチュアの方が創られた作品です。

商品ページはこちら→手創りインテリアフラワー(竹カゴ)  作者:y.k


いかがでしたでしょうか?
和室にも洋室にも、きれいな色どりになってくれる作品です。
これからの季節にぴったりな、秋に似合うデザインも魅力的ですね。
それでは(^∇^)ノ
2012.08.24 Friday

プリザーブドフラワーってなんだ?

こんにちは、ショップ担当のFです。
残暑が続いていますが、なんだか今年は秋があまりないんじゃないかという話を聞きました。
四季の中で一番好きな季節なのに…(;´-`)

さて、今回は現在アイテムアップ中の手創り作品で使われている▼

商品ページはこちら→手創りインテリアフラワー(イス)  作者:y.k

プリザーブドフラワーについてです。▼


『プリザーブドフラワー (preserved flower) とは、美しい姿で長時間保存することが出来るように専用の溶液を用いて加工された花のことである。「プリザーブ」 (preserve) とは英語で「保存する」の意味。同様の処理を果実に対して行ったプリザーブドフルーツも存在する。』
『大まかには、切花を咲いた状態で有機溶剤を用いて脱水、脱色し、続けて保存液となる不揮発性溶液を用いて水分と置換し、染料を用いて着色させた後乾燥させる。ドライフラワーと異なり、花弁の鮮やかさは生きた花と比べても遜色なく触っても柔らかくて瑞々しい。』
Wikipediaプリザーブドフラワーより

つまり…
生花を専用の薬剤で脱色して、染料で染めて乾燥させたお花
ということです。▼


取り扱い時の注意点として、
・デリケートなのでやさしく取り扱うこと
・カビが生えてしまうので湿気に気をつけること
・劣化が早まるので直射日光は避けること

などがあります。
あまりのみずみずしさに、間違えて水をあげたくなりますが、
水やり厳禁なので注意して下さい。

ドライフラワーとの違い
は、
・パリパリしていず、花びらが柔らかい
・脱色後に色付けするので色鮮やか
・色あせ、経年劣化がしにくいので長持ち
・着色する時に、実際の花にはない色に染めることができる

などでしょうか。

ただ…色を抜いて、着色して、溶液を水切りして、乾燥させる
といった複雑な手順を踏むので、少々お値段が…
でも、生花と比べてはるかに長持ちしますし、
ドライフラワーよりも自然な花のみずみずしさをもっているのが
プリザーブドフラワーです。▼


手入れ、水やり不要のお花は華やかでラクチンで、生活のおともにぴったりです。
ぜひ玄関やお部屋の片隅に飾ってみてはいかがでしょうか。
色々な種類のインテリアフラワーをアップしていきたいと思っていますので、
ぜひチェックをよろしくです。
それでは(^∇^)ノ
2012.08.23 Thursday

手創りインテリアフラワー(イス)のご紹介

こんにちは。ショップ担当のFです。
日中は相変わらずの暑さが続いていて、体がアイスを欲しています。
夕方になればだいぶ涼しいのですけど…(´ー`)


さて、今回ご紹介する商品は、小さなイスに乗ったインテリアフラワーです!▼


商品ページはこちら→手創りインテリアフラワー(イス)  作者:y.k

お部屋や玄関まわりなどに飾ると華やかになりそうです。
プリザーブドフラワーを使った作品ですので、
生花と違って水を与える必要はありません。
枯れることもないので、長期間お楽しみいただける作品です。
◎関連記事→プリザーブドフラワーってなんだ?

サイズは横幅13cm×高さ21cm×奥行き12cmで、
あまり場所をとらない大きさです。

横から▼


背面から▼


ななめ後ろから▼


花材は吸水スポンジに活けられていますので、
任意にアレンジすることができます。

クリアケースに入れてお届けします。
このまま飾っていただいてもきれいです。▼


プリザーブドフラワーは繊細なものなので、取り扱いに注意して下さい。
落としたり、乱暴に取り扱うと破損してしまいます。
また、この作品に水を与えてはいけませんので注意して下さい。
直射日光をさけて飾っていただくと、より長持ちします。

*手創り作品ですので、1点のみの販売になります。
*この商品はアマチュアの方が創られた作品です。

商品ページはこちら→手創りインテリアフラワー(イス)  作者:y.k


いかがでしたでしょうか?
花のある生活で新鮮な気分になるのもよさそうですね。
それでは(^∇^)ノ
2012.08.09 Thursday

手創り竹製カゴバッグのご紹介

こんにちは、ショップ担当のFです。
今日の浜松は少し涼しいので、エアコンなしの扇風機のみで過ごしてみています。
けっこう快適な温度…(´ー`)もう立秋を過ぎたからでしょうか?
季節の巡りは早いものですが、まだまだ残暑が厳しいので
体調管理に気をつけていきたいものですね。


さて、今回ご紹介する商品は、竹製のカゴバッグです!▼


商品ページはこちら→手創り竹カゴバッグ 作者:y.k

カゴバッグというと夏のイメージですが、
こちらは両面布張りなのでオールシーズンお使いいただけると思います。

サイズは横幅32cm×高さ23cm×奥行き20cm
CQハムや週刊少年××などの雑誌がすっぽり入る大きさです。▼


内容物が見えないように、かぶせ布が縫い付けられています。▼



手創りで編まれているので、丈夫なカゴになっていますが、
中に入れる物の重さは、2〜3Kgが限度になると思われます。
あまり重いものを入れると取っ手が破損する場合がありますのでご注意ください。

*手創り作品ですので、1点のみの販売になります。
*この商品はアマチュアの方が創られた作品です。

商品ページはこちら→手創り竹カゴバッグ 作者:y.k


いかがでしたでしょうか?
普段の無線関連記事とはだいぶ趣向が違いますが…(・・;)
これから色々な作品をご紹介させていただけたらと思います。
それでは(^∇^)ノ
2012.08.09 Thursday

いよいよスタート!手創り作品のご紹介

暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、ショップ担当のFです。

さて、以前よりいずれ手がけたいなぁと思っておりました

地元ハンドメイド作家さんの作品紹介

ですが、いよいよ本日、第1弾をアップいたしました!!

こちらのカテゴリから作品をご覧いただけます。▼
手創り屋ショップ→手創り作家作品

まだまだ作品数も作家さんも少ないですが、
手創り品の良さ、手創りする楽しさをお届けできたらな、と思っております。
地元浜松近郊の作家さんをご紹介していくことで、
地域の活性化に少しでも貢献することができたら嬉しく思います。

今回アップした商品▼

については、また別の記事でご紹介いたします。→記事はコチラ!
それでは、どうぞよろしくお願いいたします。(^∇^)ノ
WELCOME!
プロフィール
profilephoto
リンク
サイト内検索
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR